受け取り方法・トイプードル

トイプードル専門店【Ds】

家族の人気者に成ること「まちがいない」モコモコプードルご紹介中!

Photo.png子犬の受取方法

※下記の利用方法について、まずは子犬を見学いただくことが前提です。

配送・空輸の仕組みと受け取り方法


DSC_0060.JPG● 空輸の場合、飛行機の飛んでいる時間が日本全国直行便であれば1〜2時間程度です。時間的には陸送やお迎えにお越しいただくよりも負担が少なくかつ安全です。
季節や地域によって出発時刻をブリーダーと相談して決定します。受け取りに関していえば、お客様のご都合も考慮いたしますが、子犬のことを最善に考えてお迎えいただきたいと思います。
地域により直行便がない場合は経由便となります。



● 飛行機の貨物室は、客室と同じく20度〜25度に維持されています。
陸送の場合は、当店では夏場の暑い時や冬場の寒い時は極力利用しないようにしております。そのほかの時期においても気温にあわせて、あたたかい毛布、凍らせたペットボトルなどを利用しています。

● 運送費は1万円〜1万5千円となります。
 但し子犬の大きさや飛行距離などによって前後しますので、問い合わせください。


トラック便による陸送、及び第3者によるペット宅配は取扱していません。
ご心配なお客様は、スタッフが希望場所まで対面お渡しいたしますのでこちらをご利用相談下さい。

空港での受け取り方法

空輸の場合、子犬は貨物として運ばれます。貨物同様、一般の旅客ターミナルではなく貨物専用のターミナルでの受け渡しになります。

中部空港の場合は、関係者用のゲートがあるのでそこで免許証など身分証明のわかるものをみせて手続きをします。
中に入るとANA・JALなど各航空会社に営業所がありますので指定された時間に受け取りをします。

空港によって様子が異なると思いますが身分証明書の提示など基本的には同じですので参考にして下さい。

001.JPG入港手続きをします。(身分証明書提示)

002.JPGこの中で手続きをして子犬を受け取ります。

子犬はどのように届くの?

DSC_0238.JPGほとんどのお客様は空港での荷物受け取りは初めてだと思います。
受け取り場所の「貨物ターミナル」への行き方ももちろん、
肝心の子犬は一体どんな状態で運ばれるの?何か必要なものは?とよく聞かれます。
飛行機に乗るには子犬はペットクレートとか、キャリーなどと呼ばれる子犬用のとって付きのかごに入れられます。
見た目は窮屈そうでも、本来犬は狭いところですごす方が安心する生き物です。
また、ゆとりのありすぎるかごでは運ばれるときに揺られて酔ったり、あばれて傷ついてしまうからです。ブリーダーさんによって入れ物は様々です。

Photo.png子犬を迎えるための注意事項メニュー

家族になるまでの流れ
トイプードル【Ds】でのお問合せ〜家族になるまでの流れです。

受け取り方法へ
トイプードルちゃんをお迎えする方法です。

受け取り後のチェック
お迎えしたときにチェックする内容です。また、ご自宅に迎えた後に注意していただきたい内容も記載しています。

自宅配送エリアについて
大切なご家族をスタッフが直接ご自宅までお届けします。

ご紹介例へ
お問合せ後のメールをご紹介します。